After Effects

Ease and Wizz(After Effectsスクリプト)の使い方を解説してみた(動画と図解付き)

Ease and wizz使い方サムネ
こんにちは、SORAO(ソラオ)です。
今回の記事は、After Effectsのスクリプト〈〈Ease and Wizz〉〉の使い方を解説します。

Ease and Wizzは、キーフレーム間のパラメーターを補完して、イーズイン&イーズアウトを簡単に適用するスクリプトです。
(ダウンロード方法については、すでに多くの記事があるのでググってみて下さい
シンプルで使いやすいスクリプトですが、使い方を日本語で詳しく説明している記事が見つからなかったので、海外の記事などで使い方を学んだことを、自分なりに分かりやすく解説していきたいと思います。

4つのパラメータの説明とキーフレームへの適用

Ease and Wizzには調整可能な4つのパラメータがあります。
easy&wizzパラメータ

Easing:動きの加速減速の種類

Type:
in:ゆっくり動きだし、加速する)
out:高速で動き、減速する)
in+out:inとoutを組み合わせたもの)

Keys:適用するキーフレームを選ぶ
All:すべてのキーフレーム)
start and end:開始キーフレームと終了キーフレーム)
start only:開始キーフレームのみ)

Curvaceous:チェックを入れると、ベジェモーションパスをたどることができる。
マスクパス、シェイプパスをアニメーションできる。

キーフレームに適用する

easy&wizz 場所
ウインドウ>Ease and WizzでEase and Wizzウインドウを開く

適用するキーフレームを選択して、4つのパラメータを選択

(Apply)をクリックすると、イージングが適用される

easy&wizzエクスプレッション
適用されたキーフレームにはエクスプレッションにコードが挿入されている。

Ease and Wizzはエクスプレッション制御なので、キーフレームを後で動かしても良いし、各パラメータを変更して再度(Apply)をクリックすると、エクスプレッションが書き換えられる。

イージング(Easing)とタイプ(Type)の種類別の動き

Ease and Eizzのイージング(Easing)の種類には、
Expo
Circ
Quint
Quart
Quad
Sine
Back
Bounce
Elastic

があり、Expo,Circ,Quint,Quartが緩急が強く、
Quad,Sineが緩急がゆるやかである。

Back,Bounce,Elasticは特殊な動きをする。

easy&wizz Easing

イージング(Easing)には、Elasticの下に
Expo out,Expo in
Expo in,Expo out~(以下上画像参考)
という項目があるが、これは

(キーフレームが複数個ある場合、最初から2個目のキーフレームと最後から2個目のキーフレームにのみイージングがかかります。
Expo out,Expo inだと、最初の2個目のキーフレームにExpo outがかかり、最後から2個目のキーフレームにExpo inがかかります。)

Expo,Circ,Quint,Quartのイージングの違い比較

(in:ゆっくり動きだし、加速する)
ease-and-wizz解説アニメーション

(out:高速で動き、減速する)
ease-and-wizz解説アニメーション

(in+out:inとoutを組み合わせたもの)
ease-and-wizz解説アニメーション

(inスタート直後、outゴール直前、比較図解)
Expo Circ Quint Quart図解
Expo Circ Quint Quart図解

Expo>Quint>Quartの順で緩急が激しくなります。
CircはExpoのような緩急があるが、Expoより穏やかである。

Quad,Sineイージングの違い比較

(in:ゆっくり動きだし、加速する)
ease-and-wizz解説アニメーション
(out:高速で動き、減速する)
ease-and-wizz解説アニメーション

(in+out:inとoutを組み合わせたもの)
ease-and-wizz解説アニメーション
(inスタート直後、outゴール直前、比較図解)
Quad,sine図解
Quad,sine図解
Quad,Sineは緩急が緩やかです。
Sineが1番、緩急が緩やかです。
Expo,Circ,Quint,Quartよりinの時スタートが早いです。

Back,Bounce,Elasticのイージングの違い比較

Back,Bounce,Elasticは特殊な動きをします。

(in)
ease-and-wizz解説アニメーション
(out)
ease-and-wizz解説アニメーション
(in and out)
ease-and-wizz解説アニメーション

Back:(in:少し後ろに進み、前進する)(out:行き過ぎ、戻る)
Bounce:(in:小中大と跳ねて加速し、最後少し減速する)(out:加速して進み、大中小と跳ね止まる)
Elastic:(in:左右に小中大に揺れ動き、加速する)(out:加速て進み、左右に大中小に揺れ動き止まる)

Curvaceousにチェックを入れた場合

(Expo,in and out,Curvaceousチェック入り)
ease-and-wizz解説アニメーション
Curvaceousにチェックを入れた場合、ベジェモーションパスをたどることができる。
Curvaceousの英訳は(曲線美の)である。曲線上を進めるようになる。
Curvaceousにチェックを外すと、パス最短の直線を進む。

easy&wizz Curvaceousパス
上のアニメーション動画のパスは4つのキーフレームがあります。
Keysのパラメータ
(All:すべてのキーフレーム)
(start and end:開始キーフレームと終了キーフレーム)
イージングのかかり方の違いがわかります。

easy&wizz Curvaceous
Curvaceousにチェックを入れた場合、EasingのBack,Elasticが選べません。
Keysのstart onlyが選べません。

Curvaceousにチェックを入れた場合、マスクパス、シェイプパスをアニメーションできる

大きいハートがシェイプパス、中の小さいハートがマスクパスのアニメーションです。
(Bounce,in and out,All,Curvaceousにチェック)

Ease and Wizzの多活用

上のアニメーション動画では位置のキーフレームに適用していますが、
他にも、スケール、回転、不透明度のキーフレームにも適用できます。
ease-and-wizz解説アニメーション

Ease and Wizzはまだまだ色んなものに使えるかもしれませんね。

以上で解説は終わりです。

After Effectsのスクリプトってすごく便利ですね!これから、いろんなスクリプトやプラグインを学習して使えるようになって行きたいです。